桐蔭横浜大からロアッソ熊本に入団するDF岩下航(4年=前橋育英高/熊本内定)は、真っ赤なユニフォームに袖を通し、「ついに始まる、スタートラインに立ったなという気持ち」と気を引き締めた。プロ入りを掴む転機は、大学進学後に提案されたポジション転向にあった。前橋育英高時代は、MF田部井悠(早稲田大)とポジションを争う攻撃的MF。しかし大学1年生の夏、桐蔭横浜大の八城修総監督から提案されたのは左SBだった。守備に苦