関連画像弁護士ドットコム

休業した方が儲かる店も 6万円「時短要請」に経営者が複雑な思い

ざっくり言うと

  • 緊急事態宣言下の時短営業要請に応じれば、1日6万円の協力金が支給される
  • 新宿でバーを2店舗経営している筆者は、6万円は通常の売上より大きいと言及
  • 一方、大きな店舗を経営する事業者には少なすぎるため、複雑な思いだとした

ランキング

x