15日にクリチーバの病院に入院、容体は安定とブラジルメディア報道かつてJリーグのジュビロ磐田で活躍し、現役引退後の2006年から07年には監督としてチームを率いた元ブラジル代表DFアジウソン・バチスタ氏が、心臓発作により母国の病院に入院したと現地メディアが報じている。ブラジルメディア「Esporte Interativo」は、「心臓発作を起こし、金曜日(15日)にクリチーバの病院に搬送された。現在の状態は安定していて、順調