中国のポータルサイト・百度に14日、「この20年で『フォーチュン500』がどう変化したか」について紹介する記事が掲載された。記事は、米誌フォーチュンが毎年発表する世界のトップ500企業ランキング「フォーチュン500」が世界経済のバロメーターと称されているとした上で、今から20年前の2000年当時の状況を紹介。米国企業は179社が、日本企業は107社がそれぞれランクインして日米両国企業で過半数を