母のようには生きたくない母親の生き方は、多かれ少なかれ娘に影響を与えるものだ。「母のように生きたい」か、「母のようには生きたくない」か、それは母娘の関係、それぞれの性格や価値観の違いによる。母を反面教師として、ひとりすがすがしく生きてきた女性が、ようやく「伴走者」を求め始めた。 子ども時代の暗い影に苦しめられて「私、父親の顔を知らないんですよ」そう言うのは、エイコさん(40歳)。物心ついたときには、