【AFP=時事】途上国での予防接種普及に取り組む国際機関「Gaviワクチンアライアンス(Gavi, the Vaccine Alliance)」は12日、将来起こり得るエボラウイルス病の流行に迅速に対応するために、50万人分のワクチンの緊急用備蓄を用意すると発表した。Gaviによると、低所得国および低中所得国は備蓄ワクチンを無償で利用できる他、予防接種計画の実施費用の援助も受けることができる。コンゴ民主共和国の北キブ(North Kivu)州