レアル・マドリーは敵地エスタディオ・エル・サダール(パンプローナ)でオサスナと0-0で引き分け、相手のゴールに近づくことさえなかった非常に残念な試合となった。最も興味深いのは、レアル・マドリーの選手と監督ジネディーヌ・ジダンは試合終了後、ピッチ上の寒さを言い訳にしていたが、これはフィロメナの大寒波の影響で、全国各地に影響を与えている。そして、これらの不満は昨夜の『El Chiringuito』で大きな話題の一つと