【AFP=時事】インドネシア当局は10日、ジャカルタを離陸直後に墜落した格安航空会社(LCC)スリウィジャヤ航空(Sriwijaya Air)SJ182便ボーイング(Boeing)737-500型機について、操縦室の音声と運航データを記録したブラックボックス2個の位置を特定したと明らかにした。インドネシアの運輸安全当局長は「ブラックボックスの位置を両方とも特定した」とし、「ダイバーが今から捜索を開始する。すぐに回収できることを願ってい