はたから見ると痛くて仕方がない言動をとっているのに、当の本人は気づいていないこともあるもの。そんな人を見るたびに「どうしてそんなことを言えるんだろう?」「自分のことを棚に上げすぎでは?」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。とはいえ、相手がそのことに気づいていないため指摘しにくく、また今後の関係性を考えて言えないこともあるでしょう。ここではそんな、勘違いな女友達のエピソードを聞いてみました。