2020年1月に米クラウドファンディングサービスKickstarterで6万ドルを集め、製品化が決定した消しゴムサイズの世界最小携帯電話「Zanco tiny t2」の出荷が始まりました。3G対応で日本でも利用可能に海外ガジェットをネット通販するヴェルテは、12月30日より「Zanco tiny t2」の一般販売分の新規予約受け付けを開始したと発表しました。2021年2月の出荷開始を予定しています。 前作「Zanco tiny t1」も話題となりました