大野雄大(中日)、山田哲人(ヤクルト)、増田達至(西武)といった目玉と見られていた選手が早々に残留を表明し、例年と比べて静かなFA戦線となっているが、その中で唯一、積極的な動きを見せているのが巨人だ。梶谷隆幸、井納翔一とともにDeNAからFA宣言した二人の獲得に成功。ドラフトの時にも課題と言われながら有力選手が獲得できなかった外野手と、メジャー移籍が濃厚な菅野智之の穴を埋める先発候補を補強し、確実に戦力