ワークマンの土屋専務は「データがあると(社内)議論が起きやすくなる」と話した(撮影:尾形文繁)一般客向けもターゲットにした新業態「ワークマンプラス」をヒットさせるなど、ここ数年のワークマン飛躍の立役者である土屋哲雄専務。新卒で三井物産に勤めてきた土屋専務は60歳の定年を迎える直前、ベイシアグループ創業者の土屋嘉雄氏に呼ばれ、2012年にワークマンに入社した。同社で徹底する「データ経営」のきっかけは、創業