師走の書き入れ時、スーパーをはじめ小売店にとって悩みの種は万引き被害だ。今年はレジ袋の有料化に伴い「エコバッグ万引き」の急増が問題となっている。その防止策として最近ではAIが活躍しているという。ジャーナリストの山田稔氏が、AI搭載防犯カメラシステムを開発、商品化した都内のIT企業を取材した。【写真】万引き犯の不審な動き***万引きというと軽微な犯罪のイメージだが、年間の被害額は4615億円超(全国