時は戦国、若い頃から数々の武功を立てて「槍の又左衛門(またざゑもん。又左)」の異名をとり、ついには加賀国百万国の大大名にまで立身出世を遂げた前田利家(まえだ としいえ)。加賀百万石の祖・前田利家。Wikipediaより。主君の織田信長(おだ のぶなが)や盟友の豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)、そしてライバルの徳川家康(とくがわ いえやす)と言った英雄たちと交わる中で時代の趨勢に大きな影響力を及ぼした利家ですが、