電子決済サービス「PayPay」は7日、管理サーバー内の加盟店に関する営業情報について「11月28日にブラジルからのアクセス履歴を1件確認、12月3日までに遮断する措置を実施しました」と発表した。サービスを運営するPayPay株式会社によると、原因は10月にサーバー更新をした際のアクセス権限の設定不備だったといい、加盟店の住所、代表者名、生年月日、口座情報など、最大2007万6016件に不正アクセスされた可能性があるという