今年6月、“多目的トイレ不倫”を『週刊文春』(文藝春秋)に報じられ、芸能活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建が3日、都内で謝罪会見に挑んだ。会見当日、ツイッターのトレンドには「渡部アレルギー」というワードがランクインするなど、注目度の高さをうかがわせた。およそ100分にも及ぶ会見では報道陣の際どい質問に難色を示すなど、吹き出す汗が自身の心情を物語っていた。そんな渡部と肩を並べるように、世間から毛嫌いされ