異質な存在を許さない職員室の「ムラ社会化」も教師を追い詰める(写真:mits/PIXTA)業務負担が過大な日本の教員。加えて教員同士の人間関係のストレスや新型コロナの対応などで、心身ともに限界の教員が増加し、かつての聖職は今や「ブラック化」している。「日本の教員があまりに疲弊せざるをえない事情」(2020年11月20日配信)、「毎年5000人が心を病む『教員』の過酷すぎる実態」(同11月27日配信)に続いて、教育ジャーナ