エルリング・ハーランドが来年1月上旬までは離脱する見通しであることが明かされたばかりのボルシア・ドルトムントだが、ただマッツ・フメルスについてはひとまず安堵のため息をつくことができた。昨日に行われたラツィオ・ローマ戦でのロスタイムに「足を負傷」していた同選手だが、どうやら打撲のみで済んでいたようで、週末のフランクフルト戦での出場にも可能性が残されていることを明かした。「直前に判断することになり