イラン国防省は28日、イランで最も著名な核科学者モフセン・ファクリザデ氏が、首都テヘラン近郊で暗殺されたと発表した。ファクリザデ氏は、ダマヴァンド郡アブサルドで襲撃された後、搬送先の病院で亡くなった。イランのモハンマド・ジャヴァド・ザリフ外相は、ファクリザデ氏殺害は「国家によるテロ行為だ」と非難した。西側諸国の情報機関は、ファクリザデ氏がイランが秘密裏に行っている核開発計画に関わっているとみている。