恒常的なヘディングによって脳がダメージを負い、それが認知症の発症につながるという懸念についての研究が近年行われている。『Trouw』によれば、脳へのダメージを防ぐためにアヤックスのユースでは革製ボールでのヘディング練習は行わないことにしたという。8~12歳のカテゴリーではスポンジボールのみを使うことにしたとのこと。「この分野での科学的研究を注視している」というアヤックスは、脳損傷と将来への影響を防止したい