熊本県が川辺ダム建設を決定し、国交省に要望している。国交省は中止した過去の経緯等検証してから取り組んで戴きたい。政治は結果責任である。何の反省もなく、謝罪もないままでの要望、要請は無責任ではないか。ダムがあれば豪雨による被害は間違いなく少なくなっていた。2008年、ダム建設に反対した知事が一転、ダム容認と言うなら説明責任をしっかり果たすべきではないか。18年前、公共事業イコール利益誘導と言わ