◆日本シリーズ第2戦巨人−ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)ソフトバンク・デスパイネが試合を決定づける満塁アーチを放った。5点リードの7回1死満塁で巨人4番手・鍵谷の外角ストレートを捉えて右中間へ。本塁打を確信したか打席でしばらく打球の行方をながめてから歩きだした。シリーズでの満塁本塁打は球団初。初回に内野ゴロ間に1打点、5回の犠飛で1打点を挙げており計6打点で、1963年第7戦の柴田勲(巨人)、