【カイロ共同】国連児童基金(ユニセフ)は22日までに、新型コロナ流行による都市封鎖や経済悪化の影響で、中東・北アフリカ地域の子ども約1千万人が新たに貧困層に陥るとの推計を発表した。厳しい都市封鎖が可能だった産油国もあるが、多数の貧困層を抱え対策が徹底できないエジプトや、内戦中のシリア、イエメンなどでは感染の全体像把握が困難。ユニセフは地域の感染者が300万人以上としている。ユニセフの同地域事務所に