マサチューセッツ工科大学のアンドリュー・マカフィー氏の「MORE from LESS 資本主義は脱物質化する」という本がおもしろいです。主に米国の事例を示しながら「より少ない物質でより多くの生産をあげる」経済にシフトしている実態を描く本です。たとえば、米国の農業生産をみると、より少ない農地、より少ない肥料と農薬で、より多くの収穫を得られるようになっています。同じ問題意識の本としては、京都大学の諸富徹教授の「資本