王谷晶初の長編小説『ババヤガの夜』は、シスターフッド・バイオレンスという新しいジャンルに挑んだ意欲作だ。雑誌『文藝』に掲載当初から話題となり、先月発売された単行本はさらなる反響を呼んでいる。SNSでは、映像化を望む声も多く見られる。令和時代の新しいシスターフッド文学。生命力に満ち溢れた女たちの共闘の物語だ。◆ドライな距離感の女性たちが、一つの目標に向かって結びつくシスターフッドとは、もともと