新型コロナウイルスの感染拡大で、今年の高校野球は夏の全国選手権が中止になるなど、極めて異例の年となった。シーズンの終わりが近づいた14日、愛知県豊田市内で、ある「卒業試合」が行われた。グラウンドに集まったのは、豊田高専(愛知)と岐阜高専の野球部員だった。5年制の高専も県高校野球連盟に加盟しており、1〜3年生は各大会に出場できる。ただ、今年は春の県大会、夏の全国選手権地方大会がコロナで中止された。