〈イージス・アショア/日本企業参画検討経緯〉そう題された文書が手元にある。昨年、米ロッキード・マーティン社の日本法人が、政府や与党のごくごく限られた防衛関係者に配布した文書だ。その時点ではまだ“生きていた”イージス・アショアの配備計画。そのレーダーを受注した同社は当初、日本企業を製造に参画させる予定だったものの、最終的に実現しなかった。その経緯を弁明するために出した文書である。その文書の中に