20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が21日にオンラインで開催され、初日は新型コロナウイルス感染症への対応と、コロナ禍での経済回復について議論が交わされた。コロナ禍で対面での接触が限られる中、デジタル化のルール作りや、自由貿易推進に向けた世界貿易機関(WTO)改革が重要と日本は主張。景気悪化を防ぐため各国の財政出動が長期化する中、課題解決のため、主導力を発揮することが日本には求められる。