「日本シリーズ・第1戦、巨人1−5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)巨人がエース対決で敗れ、初戦を落とした。菅野は6回4失点と粘れず、打線は千賀を攻めきれなかった。チャンスはあった。2点を追う四回、坂本と岡本が連続四球で無死一、二塁。丸も変化球2球を見送り、2ボール。ここで外角低めの直球をスイングしたが、痛恨の遊ゴロ併殺となった。デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「チーム全体で