新型コロナウイルスの感染が急拡大し、「第3波」が直撃する中の3連休初日となった21日、全国の観光地は多くの人出でにぎわった。紅葉を楽しみに訪れた人たちは、不安を口にしつつ、人との距離を保つなどの感染防止策をとりながらの行楽となった。一方、不要不急の外出自粛要請が出された札幌市のススキノは人もまばらで、対照的な表情になった。<免疫学の権威「当面ワクチン打たない」>マスク姿の登山客「思ったより多い」紅