山口県下松市の笠戸島周辺の養殖トラフグが、9〜10月に発生した赤潮でほぼ全滅した。漁師らのグループは自力で養殖を再開しようと、インターネットで資金を調達するクラウドファンディングに挑む。県水産振興課によると、赤潮警報が9月17日、下松市、周南市、防府市沿岸に発令され、10月12日に解除されるまでに、下松市の養殖トラフグ約8万7千匹が死んだ。クラウドファンディングは、漁師の妻の東風浦(こちうら)朋子さん(