大阪都構想住民投票を経験したばかりなので、国民投票法の改正を議論するうえで、今は絶好の時期だと言ってもいい。幸いに、立憲民主党の国対も国民投票法改正法案の審議には前向きだそうだ。何故そうなったのか理由が分からないが、これまで憲法改正に結びつくから審議入りを断固拒否する、などと言っていた立憲民主党が態度を改め、国民投票法改正法案の審議入りに同意するのであれば、それなりに充実した審議が期待出来るはずだ