【AFP=時事】ギリシャ議会は5日、動物への深刻な虐待行為に対し、最大で禁錮10年を科す法案を全会一致で可決した。動物虐待はこれまで法的には重大な犯罪とはみなされておらず、罰金刑が定められていた。新法では動物を虐待した場合、「5000〜1万5000ユーロ(約60万〜180万円)の罰金」の他、禁錮1年以上を科される可能性がある。虐待とは「動物に対して毒物を使用したり、つるしたり、火を付けたり、切断したりすること」と