10月26日にドラフト会議が行われ、今年も多くのプロ野球選手が誕生することとなった。だが、逆に言えば、その分だけユニフォームを脱ぐ選手が出てくる。各球団で戦力外、引退が報道される時期となっているが、実績的にみてナンバーワンと言える選手が阪神からの退団を報じられた福留孝介になるだろう。中日時代は2度の首位打者に輝き、2008年から5年間はメジャーリーグでもプレー。2013年に阪神で日本球界復帰を果たすと、38歳