菅首相になって初の本会議が開かれ、与野党の論戦が始まっている。相変わらず立憲民主党や共産党は政府批判一辺倒で、特に日本学術会議の推薦した6人を認めないことを徹底して追及すると息巻いている。私は誰よりも早く「日本学術会議廃止論」をこのブログに載せ、また各所で訴え続け、ようやく国会は勿論、各所で多くの反応が出始めている。産経新聞の「あめりかノート」で古森義久氏が「日本学術会議にGHQの影」について書