FCバルセロナの顧問弁護士が30日にジョゼップ・マリア・バルトメウ会長辞任後に初めてクラブと面会し、選手やスタッフらの給与減額について話し合った。バルトメウが早期退陣したことで、クラブは彼が抱えた負債を引き継ぐことになる。前会長の退陣後も給与面の改善は必至である。『RAC1』によれば、経済状況は深刻で、クラブは1億9,000万ユーロ(約232億円)の賃金を削減する必要があるという。さらに、年明けにFCバルセロナが選手