10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議。新型コロナウイルスの影響でペナントレース中に開催され、また多くのアマチュア野球の大会が中止になったという意味でも異例のシーズンだったと言えるだろう。そんな中でも支配下で74人、育成で49人の合計123人が指名されたが、的確な補強ができた「勝ち組」と疑問が残るような指名となった「負け組」はどこなのか、探ってみたい。【写真】“トレード要員”に挙がる4人の選手まず、一