昨年8月の香港での反政府デモに参加して以来、消息が途絶えていた64歳の香港人女性アレクサンドラ・ウォンさんが10月中旬、香港で記者会見を開き、広東省深センに滞在中、地元警察に身柄を拘束され、デモなどの活動に参加しないことを条件に釈放されたことを明らかにした。中国側がウォンさんの身柄拘束における具体的な容疑を明確にしていないこと、他の民主活動家と違い、民主化団体には加盟しておらず個人での活動だったこ