現地時間10月22日に、アメリカ大統領選挙の最後のテレビ討論会が行われた。前回のような発言妨害や暴言は見られなかったが、論争としては低調でつまらないものだったという評価が多い。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏も、討論そのものは空疎だったと分析した。【写真】アメリカの失業申請に並ぶ列はどんどん長くなっている***大統領選挙で、投票直前にテレビ討論会を行うことには大きな意義があると思う