温故知新なのか、それとも安易な発想!?近年、日本だけでなく海外メーカーでも、かつて販売していたクルマの車名の復活が相次いでいます。そして、車名が復活する際には、大きく分けてふたつのパターンがあるようです。見事に復活を果たすことになった往年のクルマたちひとつは、フィアット「500」やダッジ「チャレンジャー」、フォード「ブロンコ」のように、車名だけでなく外観も旧モデルをオマージュしたデザインとなってい