【AFP=時事】世界反ドーピング機関(WADA)は22日、ドーピング違反の調査で重量挙げ選手が検査時に尿を自分のものに「見せかけていた」証拠をつかんだとして、6か国の計18人が虚偽の検体を提出していた疑いがあることを明らかにした。スキャンダルで汚れた国際ウエイトリフティング連盟(IWF)に関する大規模な調査の一環で発覚した18人の不正行為について、WADAは今後、国際検査機関(ITA)に検証を委ねると述べた。声明文に