政府が、東京電力福島第1原発から出る放射能汚染水を処理した後の高濃度のトリチウム(3重水素)などを含む汚染水を薄めて海洋放出する方針を近く決定する方向で調整している問題で、日本共産党福島県委員会と、福島県労連や民主団体が参加する「ふくしま復興共同センター」は20日、汚染水の海洋放出に反対する緊急の申し入れを経済産業相宛てに行いました。日本共産党の笠井亮、高橋千鶴子、藤野保史各衆院議員と、紙智子