◆日本代表にも迫るサッカー国際化の波ついにサッカー日本代表にも国際化の波が迫っているかもしれない。代表格と言えるのが、幼少期からスペインの名門バルセロナの下部組織で育ち、A代表でも地位を確立しつつあるMF久保建英(19=ビジャレアル)。両親ともに日本人だが、スペイン語も堪能で、その堂々としたプレースタイルや取材時などの受け答えは異彩を放つ。そんな久保を筆頭に、彼と同世代となるU-19(19歳以下)日本代