「阪神6−5ヤクルト」(18日、甲子園球場)初回に17号2ランを放ち勝利に貢献した阪神のボーアがお立ち台で“ほぼ日本語”でインタビューに答えた。日本語で質問された内容を通訳してもらい、自分が話す時には極力、日本語で自分の言葉で話すようにしていた。本塁打を打った際の打席での心境を「そうですね。最高です」。ボーアの名前入りタオルを掲げている人がいるという話題には「どこですか?どうもありがとうござ