「広島5−0中日」(18日、マツダスタジアム)広島・鈴木誠也外野手(26)が今季第24号3ランを放ち、存在感を際立たせた。1点リードの五回、2死一、二塁。初球から中日先発・清水に内角を攻められた。だが主砲は動じず、フルカウントから内角高め直球を腕をたたみながら芯に乗せた。完璧に捉えた。試合の主導権を完全に引き寄せ、リーグトップを走る阪神・大山の26本に2本差と迫った。今月5本目の一発は1試