「阪神6−5ヤクルト」(18日、甲子園球場)高津ヤクルトが、雨天中止を挟んで連敗。今季ワーストとなる借金は22まで膨れあがった。誤算だったのは、先発のエース小川だ。この日はブルペンから状態が悪かったといい、自己最短タイとなる1回2/3を投げ、6安打4失点でKO。右腕は「攻撃に流れを持って来られず申し訳ない」と悔しさをにじませ、中継ぎ陣4人の投入となった試合展開に唇をかんだ。小川は3試合続け