フランス・リーグアン第7節のマルセイユ対ボルドー戦が現地時間17日に行われ、ホームのマルセイユが3-1で勝利を収めた。1アシストを含めて2得点に絡んだマルセイユのDF酒井宏樹は、フランスメディアから奮闘を評価されている。前半5分には酒井からの横パスを受けたフロリアン・トヴァンのミドルシュートでマルセイユが先制。後半に入ってマルセイユが追加点を奪ったあと、64分にも酒井の関与したプレーから最後はオウンゴール