「7人前後の選手が攻撃に関与してしまい、非常に危険だった。守備の準備が不足し、敵にスペースを明け渡していた。その点については以前も指摘したことがあるが、懸念される戦い方だった」スペインの目利き、ミケル・エチャリは日本代表のオランダ遠征、スコアレスドローに終わったカメルーン戦を分析している。2014年のブラジルワールドカップに向け、エチャリは日本について同じ不安を指摘していた。アルベルト・ザッケロー