ベルギー・ブリュッセルの控訴裁判所が10月1日、彫刻家のデルフィーヌ・ボエルさん(52)を「王女」と認める判決を下した。【画像】不倫で大きな代償を払うことになった前国王パオラ妃を妻にもつリエージュ公アルベールは1966年頃、道ならぬ恋に落ちる。お相手は実業家と結婚していたセリス夫人。ダブル不倫だった。セリス夫人は68年にデルフィーヌさんを出産すると、離婚し、娘とロンドンへ去った。当時のアルベールは、国