【AFP=時事】ローマ・カトリック教会は10日、インターネットでの布教や貧しい人々の支援に15年という短い一生をささげた、英国生まれのイタリア人の少年を列福した。ローマ教皇庁(バチカン)は、別の少年の命を救うという奇跡を起こしたとして、カルロ・アクティス(Carlo Acutis)さんを聖人の前段階である福者の列に加えた。インターネットやパソコンが大好きだったアクティスさんは2006年、白血病で亡くなった。福者から